わざ1✕わざ2のDPS値の求め方

ポケモンを厳選するにあたり重要な要素となる わざ1とわざ2の組み合わせDPSの求め方を解説します。
わざの単品を見るとDPSが高いように見えるのに、組み合わせになると低くなってしまうものもあり、疑問に思われている方もいると思います。数字のマジックでそうなるんですね。では早速見てみましょう。

まず基本的なところですが、DPSは、わざの威力(ダメージ) ÷ わざの発動時間 で計算します。よって、わざ1とわざ2の組み合わせDPSは、わざ1とわざ2の威力の合計値 を、わざ1とわざ2の発動時間の合計値で割れば良いことになります。ただし、わざ2は連発できないため、わざ1を複数回発動してゲージが溜まってはじめてわざ2を出せることになります。
ですので、組み合わせDPSは、

(わざ1の威力 ✕ わざ1の回数 + わざ2の威力) ÷ (わざ1の時間 ✕ わざ1の回数 + わざ2の時間 + 0.5 a)

で計算できます。(0.5はわざ2を発動するための長押しタップ時間2/25更新 指摘があり変更しました。0.5秒の長押しタップ時間はほとんどの場合、わざ1の時間に内包されるので0.5を足す必要はありません。わざ1が0.5秒未満の場合、 a = 0.5 – わざ1の時間  とします。)

なお、このサイトの計算方法では、2ゲージ以上のわざはゲージが溜まった後の端数を次のわざ2に利用できると考え、わざ1の回数は小数点を切り上げずに計算し、1ゲージわざはゲージが溜まった後の端数が捨てられていまうので、わざ1の回数は小数点を切り上げしています。よって、1ゲージわざの方がDPS計算は若干不利になります。

実際のポケモンを例にとって計算してみましょう。
「フシギバナ」のわざ2を見ると、下記のような並びです。

一見、「はなふぶき」が一番強いように見えますが、組み合わせではソーラービームが一番高く、次がヘドロばくだん、最後がはなふぶきです。

実際にDPSを計算してみます。本サイトではDPSは種族値も考慮した絶対値で計算していますが、ここでは議論を簡単にするため、単に威力を時間で割ることにします。
わざ1をはっぱカッターとして計算すると、1ゲージわざが発動できるまで、100/8=12.5 => 13回はっぱカッターを発動する必要があります。2ゲージわざの場合、50/8=6.25回はっぱカッターを発動します。

ソーラービーム DPS = (15✕13+180)÷(1.50✕13+4.9) = 375 ÷ 24.4 = 15.37
ヘドロばくだん DPS = (15✕6.25+80)÷(1.50✕6.25+2.3) = 173.75 ÷ 11.68 = 14.83
はなふぶき DPS = (15✕13+110)÷(1.50✕13+2.6) = 305 ÷ 22.1 = 13.80

というようにサイトで表示している順番になりました。
簡単に言うと、わざ1を複数回発動する時間が支配的なので、わざ2の単品のDPSはあまり意味がないということですね。
ただ、実際のゲームでは相手の攻撃を受けることでもゲージが溜まります。なので本当はわざ1の回数はもっと少なくて良いのですが、ゲージの溜まり方を解析した情報があまりなく、現時点では攻撃を受けたことによるゲージ増加は無視してDPSを計算しています。

“わざ1✕わざ2のDPS値の求め方” への10件の返信

  1. わざ2発動の長押しタップ時間は計算式に入れない方がいい気がします

    わざ1の攻撃直後に長押しタップすると、わざ1の完了までに長押しタップ0.5秒が終わる(わざ1が0.5秒以上かかる前提です)ので、純粋にわざ1の攻撃所要時間×ゲージ満タンまでの回数+わざ2の攻撃所要時間を使うほうが正確になりそうですが。

  2. 挨拶もせず失礼しました!
    いつも個体値チェックに利用させていただいてます。とても便利で選別に役立っていますので、とても感謝しています☆
    ありがとうございますm(__)m

    先程のコメントの補足になりますが、長押しタップ時間を含めるとなると、現実的には、
    わざ1完了を待ち→長押しタップ→わざ2発動
    となりますが、バトル中の動きを見る限り、わざ1を攻撃中に長押しは効いています。

    ちなみにゲージフルで相手をたおした後の交代中、画面にGOがズームしてるときにも長押しタップは有効です。

    応援していますのでこれからも頑張ってください!
    お邪魔しました。

    1. たいささま
      ご利用いただきありがとうございます。
      また、重要なご指摘ありがとうございます。
      私も試してみました。確かにご指摘の通り、わざ1発動中に長押しタップの発動ゲージが上がって、そのまま連続的にわざ2になりますね。
      長押しタップでゲージがフルになった瞬間に指を話してしまうとわざ2が発動されない時がありますが、これはわざ1の発動中だからかと今更やっと気づきました。
      近日中に0.5秒を除く形に調整したいと思います。
      もしかしたら、わざの組み合わせランクが変わってしまうかもしれません。。
      ありがとうございました!

  3. kkazさま

    返信ありがとうございます。
    また、
    〉長押しタップでゲージがフルになった瞬間に指を話してしまうとわざ2が発動されない時がありますが、これはわざ1の発動中だからかと今更やっと気づきました。
    の部分、大変重要な情報でした!ありがとうございます!それでいつもラフレシアのはっぱカッター直後にわざ2が出せなかったのに納得しました。つまりこの場合ははっぱカッターを撃ったあと一秒後に発動しないとわざ2を撃てないわけですね。

    先程のDPSの話ですが、わざ1が0.5秒より短いかどうかを考慮に入れる必要がありますね。つまり、れんぞくぎりの場合、所要時間は0.4秒で、わざ2のタップ長押し0.5の方がながく、この場合の
    わざ1→わざ2は、
    0.5+わざ2の所要時間
    になりますが、みずでっぽうなど、通常のわざ1は所要時間が0.5以上のため、
    わざ1→わざ2は、
    わざ1の所要時間+わざ2の所要時間になります。

    話はかわって、あと気になったのがわざ2のダメージ反映までの効果時間ってはっきりしてるのでしょうか。私の感覚では、
    わざ2発動→ダメージ反映→わざ2後処理時間
    となってる気がして…。相手のHP残がわざ2で削れそうな時に発動しても、ダメージ反映までの間にこちらが倒されてしまって苦い思いを何度もした記憶が。世間で言うDPSは所要時間で計算しますが、相手のHPを0にする最後のタイミングはこのダメージ反映までの時間が重要だなーと思った次第です。

  4. たいささま

    さらにご指摘ありがとうございます。
    たしかにご指摘のように0.4秒わざだと0.1秒の隙間が生まれますね。ですので、わざ1✕わざ2の計算では長タップ時間0.5秒がわざ1の発動時間に含まれてカウントされるという趣旨でサイトの方も調整しました。DPS値が若干変更になって組み合わせのランキングも少し変わったようです。

    また、たしかに動画で確認してみると、実際にダメージを受けるタイミングは発動時間より早いタイミングのようですね。明確にどのタイミングというのは明らかではありませんが、英語の解析サイトでは、発動時間ではなく、cooldown と記述されています。つまり正確にはわざ発動前後の冷却時間的なニュアンスなのだと思います。

  5. 技の発動時間(ダメージ確定のタイミング)はdamage_window_start_ms(解析時の変数名)の値と一致します。
    https://gist.github.com/apavlinovic/

    Pokemon GO Game Master 0.57.2 second move reshuffle
    のページに最新Ver.の解析データがあるので”damage_window_start_ms”で検索すると出てきます。
    ストーンエッジのように異様に発動が速く、倒れる直前に置き土産にされたり、トドメ技に重ねられて撃ち負けるという現象を引き起こす重要な値なのですが、どこもかしこもCooldownで統一してしまっていて実態が分からなかったりするという……。

  6. 永井白瀧さま
    貴重な情報ありがとうございます!
    これは確実な情報ですね。。
    早速今夜にでも解析してみます!

  7. はっきりと理解できてはいないのですが、素朴な疑問です。
    はっぱカッターの件で、12.5→13としていますが、6.25→7にしない理由は何ですか。

    1. ☆Parsley☆さま
      分かりにくいですよねw
      1ゲージわざの場合、ゲージが溜まるときの端数は捨てられることになります。なので、12.5回ということは13回わざ1を発動して、初めてわざ2を発動できることになり、その際にゲージは0になります。
      それに対し、2ゲージわざの場合、6.25回→7回わざ1を発動してわざ2を打てることになりますが、その際に0.25回分、端数が残ります。ですので、これを繰り返していくと、4回目のわざ2を打つとき、わざ1の回数は6回でゲージが溜まります。
      よって、平均化すると2ゲージ以上のわざは端数を考慮する必要があると考え、当サイトでは2ゲージ以上のときは切り上げを行わずに直接計算しています。

  8. なるほど。端数が残る/残らないの違いなんですね。
    理解できました。回答ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)