常温保冷剤 PCM-PAC C32 を買ってみました

個体値チェックサイトの解説ではなく、ブログっぽいことを書いてみます。
ポケモンGOを長時間プレイするとき問題なのが、バッテリーと発熱の問題だと思います。
バッテリーはモバイルバッテリーを使えば良いですが、問題は発熱。
冬は良かったですが(人は寒くて大変でしたが!w)、これから暑くなってくるとスマホが爆温になり、カクカクになってプレイもままならず…、といったことになるのは必至です。

今私が使っているソニーのXperia Z5(SOV32)は発熱が酷いと有名で、ポケモンGOを動かしていると背面が触れないくらい熱くなってきます。
このままでは夏は超えられないかもしれない、と思い、ファン付きのケースはないかと探したりしましたがこれはと思うものは見つからず。

色々探していたら、常温保冷剤 PCM-PAC C32amazon) というものを見つけたので買ってみました。ついでに、よく一緒に購入されている商品に出てきた「AnyGrip自転車 バイク用スマートフォンホルダー (ラバーのみ)」も購入。

いわゆる冷凍の保冷剤と異なり、この保冷剤は常温ではカチコチです。
装着するとこんな感じ。

冷凍の保冷剤のように冷えすぎず、結露の心配もありません。この状態でプレイしているとじんわり熱を取っていってくれます。
バッテリーやCPUの温度を見ると、上がりすぎることはなく、ある程度の温度を一定に保ってくれているようです。
保冷剤自体が熱を吸いすぎて熱くなってくると段々中身が溶けて柔らかくなってきます。40分程度のプレイではスマホと接している面は少しやわらかくなってきているものの、全体的にはまだ固い状態を保っていました。

真夏にこれで耐えられるかはまだ未知数ですが、なかなか役に立ちそうです!
夏の状況についてはまたレポートします。

“常温保冷剤 PCM-PAC C32 を買ってみました” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)